「高的中率メソッド◎コンピコミット」リリース後検証 ~もしかすると戦略を認める必要がある?~

柔軟な考え方で見直すべきなのか?

私の個人的な観点とユーザー様目線では、まだ苦言を呈したい部分はあるんですけど、成績との兼ね合いから発行者目線になって方針や戦略に理解を示すことも必要なのかもしれない。そう思わせるだけの剛腕を振るっているんで、ちょっとこの発行者の予想を見直してみましょうかね。

 

予想を分ける必要性、これは認めるべきなのかも

 

最初に言っておきたいのは、コンピコミットだけに関してこの記事は触れているわけじゃないということ。発行者である高橋涼生さんの戦略の是非に目を向けたい。というのも他の派生予想が中央競馬版だけで3つもあるから。

 

・2018/11/1創刊、月額3,240円のメルマガコンピコミット

・2019/1/19創刊、1レース1,080円の予想記事タイプS

・2019/3/1創刊、月額6,912円のメルマガコンピケーテッド

 

結論から言うと、どれも収支はプラスです。若干、投資金が大きい時の払戻金で見た目通りの評価ができない部分はあるんですけど、商品紹介文内で特徴別に分けていることは説明されてます。

まあ、それがすんごく文章長くて分かりづらいんで、読むの面倒臭いユーザー様のために私の解釈で簡単に仕分けすると、

 

的中率が高いけど爆発力に欠けるのがコンピコミット、ロジック上で抽出されるレースが少ない区分をタイプS、的中率より配当重視がコンピケーテッド

 

って認識で大体あってるはず。中身の違いを説明するより、そういう解釈で良いかと。

 

以上を踏まえると、設定されてる金額は現在の成績と照らし合わせても妥当なのかもしれないんで、商根や銭ゲバ云々言っちゃってた部分は一度謝罪、撤回します。結果が出てるんだから、そこは素直に評価すべき。

 

どうしても、調子良い時にぽんぽん派生メルマガ出したりする発行者が過去に何人もいて、その発行者らは誰一人として両立できてなかったんで、拒否反応出ちゃうんですよねえ。

高橋さんに関しては、本当に分けて発行する必要性があると思ってやってることかもしれない、そう思えました。券種で分けてるわけでもなく、レースが被ったりしてるわけでもないんで。

 

▼創刊以降の通算データ

コンピコミット(2018/11/1~2019/5/19)

133戦62的中(的中率46.62%)収支+351,840円(回収率129.49%)

※ただし、うち+329,000円は1レースあたりの投資金3万円の頃

タイプS(2019/1/19~2019/5/19)

17戦8的中(的中率47.06%)収支+28,700円(回収率157.40%)

コンピケーテッド(2019/3/1~2019/5/19)

80戦22的中(的中率27.50%)収支+125,400円(回収率152.47%)

 

相対的に見るとコンピケーテッドが優秀。

ただ、5/5の万馬券的中があってこその収支であり、それがなければマイナスだという点もお見逃しなく。こういう「タラレバ」は言っても仕方のない部分ですけどね。だから的中率がある程度捨てられてるわけで。

 

ちなみに無料の南関予想も配信してるようですけど、こちらは取り組み始めたばかりらしくまだまだロジックが未完成のようです。回収率40%台で、収支は大幅マイナス。

一気にたくさん発行してると、こういう弱点1つ見せちゃってることでせっかく良い成績を残してる他の発行予想が軽んじられてしまうので、「やっぱ、できれば絞ったほうがいいよね」というのは今も変わらず私の持論。余計なところに力を入れるより、確立してる予想をしっかり配信してもらいたいんで。

 

↓月額メルマガを購読する

高的中率メソッド◎コンピコミット

↓予想記事を購読する

高的中率メソッド TYPE-S

↓月額メルマガを購読する

混戦攻略メソッド★コンピケーテッド

「よく馬券に絡む◎▲」2019年ここまでの成績検証 ~夏競馬に向けて準備してない人は迷わずこれ~

競馬ファンも、そうでない人も、馬券を買うと決めてる以上は今週、ダービーウィークで大盛り上がり。サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーの3強を巡って色々な検討が飛び交ってますけど、なんか考える余地もない気がする。この3連複1点にドカーン! と今月の浮いてるお金を全部行きたい気分。

 

またまた昨年の成績を上回るペースで的中量産

 

半年以上ぶりにこのメルマガの記事を書くんだけど、相変わらずの安定感。読者数は一時期と比べると落ちてるみたいだけど、それはたぶん併用DL商材のケーニィ式区画枠連投資術との兼ね合い。使いこなしきれないユーザー様分が減っただけでしょう。

 

ちゃんと使いこなせてて満足してる人が読者として厚い支持を寄せてるから、ランキングの上位に定着してる。だって、成績もさらに伸びてますからね。毎年進化していく予想ってところに読者は魅力を感じてるだろうし、発行者ケーニィさんの惜しみない努力にも信頼を寄せてるはず。

 

では、2019年になってからの成績を見てみましょうか。

 

▽2019年 ~4/29までの月別集計

1月:78.03%(206/264)

2月:79.51%(229/288)

3月:81.25%(273/336)

4月:77.08%(222/288)

暫定の通年平均:79.08%(930/1176)

変則や代替開催含む ※集計はケーニィさんのブログより転載

 

昨年全体での成績が78%台だったんで、今年3分の1を終えた時点でそれをさらに上回るペースというのは本当に凄い。時に1番人気を切って推奨しながら、そして4番人気以下の穴馬を毎週何本も絡めながら、この成績ですからね。

そして5月は、私の集計に間違いがなければ3週目までを終えて79.34%ですから、このままのペースでいけばまた通年平均の数字が伸びる可能性も。ほんと、やべえくらい進化止まらず。

 

精度はコンピ指数にヒケを取らず。なのに穴馬はコンピ指数より当たる。

もし出走全頭の順位化されたものがリリースされちゃったら、コンピユーザーが大量にこっちへ鞍替えしてもおかしくないほどですよ。レジまぐの規模だけで配信されてるから今の読者数に収まってますけど。

 

あと、◎▲が順調ということは、当然ながら併用DL商材のケーニィ式区画枠連投資術も好成績になってるわけで。こちらも暫定ですけど、昨年の投資成功率を超えました。84勝2敗で97.67%って、過去にもこんな成功率の商材は見たことない! さすが、2018年のレジまぐで一番売れたDL商材ですわ。

 

何はともあれ、毎開催のように馬券を購入する競馬ファンならダービーウィークだけにとらわれず、◎▲を使って夏競馬を楽しんでみては? 初月無料の恩恵をフルに受けたいならもちろん6月からの購読でいいでしょう。馬券の軸としては間違いなく最高レベルの全レース予想ですからね。

 

↓月額メルマガを購読する(初月無料)

よく馬券に絡む◎▲(全競馬場予想)

「Hello'win」5月18・19日検証 ~オークスも複勝高配当的中で絶好調の5月。これで6戦5的中 !!~

数年前まで私、結構「嫌韓」だったんだよね。

でも最近は、その最大の理由だった「民度の低さ=妬みや僻みを持って見知らぬ他人すら叩く」って部分を残念ながら日本人もたくさんの皆様が見習っちゃったみたいで。妬みや僻みは絶対、陰口や悪口となって飛び交うんだよねえ。

 

もう一歩でオークスの勝利を逃したカレンブーケドールの津村騎手を、茶化す必要なんてないよね? 称賛すべきでしょ。コントラチェックでオークスを凡走に終えたレーン騎手を批判する必要ないよね? 牝馬の2400m適性を見極めるのは難しいって。叩き台にも同距離以上のレースはないんだから。

 

G2以上を勝利したことの無い地味目の津村騎手がG1を勝てなかったことを、思わずホッとして、喜んじゃうような人は、人間としてクソです。いつも結果を残してる商材や発行者を、数少ない不調のタイミングで叩く奴もいるけど、これも一緒だかんね。妬みと僻み、それだけ。

陰口や悪口は、言われれば言われるだけ、言われている人の価値が高いってこと。誰も、大したことの無い人を叩きはしないからね。叩かれることすらない影薄な自分に劣等感を持ってるのさ。ってことで、言いたい奴には言わせておきなさいな。

 

津村騎手、私は好騎乗に震えましたよ。純粋に馬も強かった!

ちなみに最近は、韓国人を見直すシーンのほうが多いです。若い世代は確実に変わってきている。日本人、距離が近くてよく見える分だけクソ野郎の多さに気付くなあ。

 

複勝的中率が39%超の推奨穴馬はオークスも的中!!

 

実は前回の記事の後、直接的に「1点1,000円で!」って発行者の魔法使いさんへメッセージでお願いしたんですよ。そしたら意外とすんなり聞き入れてもらえたんで、この場でお礼を言っておきます。感謝!

これでほぼほぼ、配信ミスでの損分と予想記事時代の収支が全予想の通算に集計されたみたいな数字になったんで、特に大きな問題はないと思います。実力相応の数字と言えるでしょう。

 

そして先週。

 

▼5/18(土)

京都11R 平安ステークス(G3)

3着 オメガパフューム(3番人気) 複280円 的中

▼5/19(日)

東京11R オークス(G1)

2着 レンブーケドール(12番人気) 複1,400円 的中

 

記事には書いてませんでしたけど、ヴィクトリアマイルの3着クロコスミア(11番人気)も当ててますもんね。だから結局、投資額1,000円に戻した直近2週も回収率は146%で大幅プラス収支。

 

これで5月は6戦5的中の大当たり。トータルの成績は233戦91的中(的中率39%)で、収支が+110,300円(回収率111%)と、完全にランキング上位メルマガへ匹敵するレベル。隠れ良物件です。

 

このメルマガが単勝の大当たりで収支をカバーしてると思い込んでる人いるかもしれませんけど、それ大間違いですよ。単勝でも複勝でも回収率は100%を超えてますからね。

 

単勝は、的中率14.16%・回収率116.85% !!

複勝は、的中率39.39%・回収率104.95% !!

 

どっちをベタ買いしても儲かってしまってるんだから、無視できるわけがない。

注目を浴びてるブッコミ馬券の人気が高まってますけど、それは投資額が大きいから当然。当たった時の印象が強いだけ。でも1つはずれただけでテンション下がらない?

 

やっぱり私の中では、1年半以上続いてるこのメルマガが、レジまぐの重賞予想の中ではNo.1だと思います。投資金額1,000円くらいが万人受けすると思ってるし、ベタ買いでもリターンとリスクのバランスがちょうどいい。

 

↓月額メルマガを購読する(初月無料)

Hello'win -2horse- 2頭の穴単複でアナタもシンデレラ